HOME > 和装振興議員連盟

和装振興議員連盟の活動

和装振興議員連盟

山中典士会長の提唱により、1973年(昭和48年)2月国会内に発足した「きもの議員連盟」は、1976年(昭和51年)11月「和装振興議員連盟」(会長・森喜朗元内閣総理大臣)と改称し、中学、高校に和装教育を実現するため、文部省と国会議員と会合を重ねてきました。そして2002年(平成14年)4月、54万人の署名を集めて、中学校に「和装教育」が導入されました。
この成果は、和装振興議員連盟が結成されてから、永々と学校に「和装教育」を取り入れる運動と和装と礼法とマナーの教育ができる先生の養成に全日本きものコンサルタント協会と装道礼法きもの学院が協力し、更に和装の衰退を憂える国民の皆様方のご支援、ご協力によって実現したものです。
一方、和装振興議員連盟では、1999年(平成11年)以来、通常国会開催日に和装振興議員連盟の先生方をはじめ、衆参両院の先生方が超党派で和装で登院されるなど活発な活動を行っています。

和装振興議員連盟の運動

昭和48年1月
国会内に「きもの議員連盟」を超党派で結成、参議院会館で発会式。
会長に長谷川四郎衆議院議員、事務局に(社)全日本きものコンサルタント協会。会員は衆参27名。
昭和49年
きもの議員連盟により、家庭科教育として和裁授業に文部省の予算(きもの教育視聴覚教材予算)の措置がとられた。
昭和51年11月
「和装振興議員連盟」発会式が参議院会館で行われ、会長に長谷川四郎衆議院議員、幹事長に玉置和郎参議院議員が選出された。会員は衆参43名。
昭和52年6月
幹事長の玉置和郎氏が日本繊維新聞誌上において「和装振興議員連盟の抱負と展望」と題する意見を述べた。その中でも特に「天皇陛下にきものをお召しいただくために」という項目は注目を集めた。
昭和54年6月
霞ヶ関ヒルトンホテルにおいて「和装振興議員連盟総会」開催。出席議員は衆参70名(代理含む)、きもの姿の議員も目立った。佐藤隆衆議院議員の司会により、通産省、農林省、業界代表ら活発な意見が交わされた。会員は衆参106名。
昭和57年11月
第96国会において繭糸価格安定法改正法案が議員立法として提出され国会を通過。この改正案は前年の議員総会において、山中理事長が提案したことが母体となり、同連盟の活躍により実現の運びとなったものである。これにより、一反分1500円安い生糸が学校のきもの教材用に払い下げられることになった。さらに価格の引下げを農林省に陳情した。
平成5年5月
東京のホテルキャピトル東急で和装振興議員連盟の総会が開かれ、87名の国会議員が出席し、協会からも全国各県の支部長ら150名が同席。席上、山中会長は国会議員の先生方に以下の4項目の提案を行った。
  1. 中学・高校に、きもの文化と礼法教育を正課とするためにバックアップを。
  2. 皇族のきものご愛用を国会議員が先頭に立って促進してほしい。
  3. きもの文化運動への補助金の再検討を。
  4. 国会議員自らが冠婚葬祭の時にきものを着用してほしい。
平成7年5月
和装振興議員連盟と全日本きものコンサルタント協会との懇談会がホテルキャピトル東急で開催。その時の提案として以下の3項目の提案をお願いした。
  1. 伝統文化の結晶であるきものの着装を、国民運動とする。
  2. 中学・高校の正課に、ものの着装と礼法を、徳育教育として採用し、そのための助成金をお願いする。
  3. きものコンサルタントへの公的褒章を。
平成9年5月
ホテルキャピトル東急で「和装振興議員連盟総会及び懇談会」を開催。衆参125名の国会議員が出席、協会関係者151名を含め盛大に開催、山中会長は次の5項目を提案した。
  1. 和装の日を国民の祝祭日に。
  2. 中学・高校の正課にきもの着装、礼法、和裁を。
  3. 皇室にきものをお召しいただく運動を。
  4. 「こんな時にはきものを装いましょう運動」を推進。
  5. 世界に日本のきもの文化をアピールしよう。
平成11年1月
第145回通常国会開会式に和装振興議員連盟の国会議員約50名の先生方に、(社)全日本きものコンサルタント協会のきものコンサルタントがその着装をお手伝いし感謝される。その後毎年1月の恒例となる。
平成11年5月
赤坂プリンスホテルで「和装振興議員連盟総会及び懇談会」を開催。衆参147名の国会議員が出席、協会関係者151名を含め開催された。山中会長は総会で提案の、11月15日の七五三の日を「和装の日」と制定する署名運動を全国に展開。
平成12年4月
和装振興議員連盟会長・森喜朗先生が内閣総理大臣に就任。
平成14年4月
54万人の署名と和装振興議員連盟の先生方のご尽力によって、文部科学省の中学校の学習指導要領に和装教育が盛り込まれる。
平成16年1月
第5代会長の森喜朗前首相が名誉会長へ、幹事長だった笹川堯衆議院議員が第6代会長に就任。森先生によって和装振興議員連盟の活動は顕著になり、きもの姿の登院、中学校への和装教育などが実現。
平成21年6月
署名108人を共に、11月15日「和装の日」制定決議に向けて運動。
平成21年10月
会長の笹川尭衆議院議員が退任され、副会長の伊吹文明衆議院議員が第7代会長に就任。
平成23年5月
和装振興議員連盟と全日本きものコンサルタント協会との懇談会がホテルニューオータニで開催。山中会長は次の4項目の提案を行った。
  1. 小・中・高校の正課に「礼法マナー教育」を徳育として導入を。
  2. 「マナー検定」を学校教育の中で導入を。
  3. 和装の日制定実現を。
  4. 「きものコンサルタント」への公的褒章を。
平成24年4月
中学校の学習指導要領が新しく改訂され、家庭科の授業に「和服の基本的な着装を扱うことができる」と明記される。

和装振興議員連盟歴代会長

氏 名 議 員 就任日
初代 長谷川四郎 衆議院議員 昭和48年2月
第2代 玉置 和郎 衆議院議員 昭和61年9月
第3代 丹羽 兵輔 衆議院議員 昭和62年2月
第4代 佐藤 隆 衆議院議員 平成2年2月
第5代 森 喜朗 衆議院議員 平成3年5月
第6代 笹川 堯 衆議院議員 平成16年2月
第7代 伊吹 文明 衆議院議員 平成21年10月

国会開会式の和装登院の協力

国会開会式の和装登院実績
通常国会 開会日 天気 和装議連会長 和装登院数
平成11年 145 1月19日 森 喜朗 50
平成12年 147 1月20日 森 喜朗 50
平成13年 151 1月31日 森 喜朗 40
平成14年 154 1月21日 森 喜朗 75
平成15年 156 1月20日 森 喜朗 80
平成16年 159 1月19日 笹川 堯 60
平成17年 162 1月21日 笹川 堯 63
平成18年 164 1月20日 笹川 堯 84
平成19年 166 1月26日 笹川 堯 85
平成20年 169 1月18日 笹川 堯 83
平成21年 171 1月5日 笹川 堯 68
平成22年 174 1月18日 伊吹 文明 57
平成23年 177 1月24日 伊吹 文明 71
登院の様子
平成24年 180 1月24日 伊吹 文明 74
平成25年 183 1月28日 伊吹 文明 91
登院の様子
平成26年 186 1月24日 伊吹 文明 96
平成27年 189 1月26日 伊吹 文明 81
平成28年 190 1月4日 伊吹 文明 89
画像をクリックすると拡大します
平成28年

国会議事堂の前にて記念撮影

先頭へ戻る